第16回全国障害者スポーツ大会「希望郷いわて大会」は22日、岩手県で開幕した。県勢は初日、個人5競技に臨み、金5、銀1、銅2の計8個のメダルを獲得した。

 陸上では男子800メートルの阿南正史(肢体不自由・杵築市)が大会新記録をマークし、同200メートル(壮年)の高橋健治(知的障害・由布市)とともに優勝した。また同立ち幅跳びの上野喜一郎(肢体不自由・杵築市)が2位、同200メートル(少年)の清水聡(知的障害・大分市)が3位だった。

 水泳では25メートル自由形で男子の芝田悠希(聴覚障害・大分市)が、女子の児玉愛美(肢体不自由・同)がそれぞれ頂点に立った。障害の区分なく競うフライングディスク...    
<記事全文を読む>