第16回全国障害者スポーツ大会「希望郷いわて大会」は22日、岩手県で開幕し、岡山勢は陸上の男子年齢区分共通走り高跳び(区分28)で金見康洋が1メートル80の大会新記録で2年ぶりの優勝を飾り、視覚障害者女子2部立ち幅跳び(区分25)は坂本千明が1メートル53で初制覇。水泳は視覚障害者男子2部25メートル平泳ぎ(区分24)の浜田裕之が17秒92の大会新記録で頂点に立ち、ソフトボール(知的障害者)は1回戦で長崎を6―5で下し、準決勝に進んだ。

 開会式は岩手県北上市の北上総合運動公園陸上競技場で皇太子さまをお迎えして行われ、岡山、広島、香川の郷土勢が堂々の行進を披露した。

 7500人の観衆が見...    
<記事全文を読む>