日本、韓国、中国、ロシアの9チームで争うアイスホッケーのアジアリーグは22日、各地で3試合が行われた。東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)は韓国のコヤンアイスリンクでアニャンハルラ(韓国)と対戦、ゲームウイニングショット(GWS)にまでもつれた接戦を6―5で制した。

...    
<記事全文を読む>