第16回全国障害者スポーツ大会「希望郷いわて大会」は22日、北上市の北上総合運動公園陸上競技場で開会式を行い、障害者アスリートが躍動する舞台が幕を開けた。冬季国体からの完全国体のフィナーレを飾る大会で、本県初開催。初日は12競技を行い、県勢は決勝が行われた陸上、水泳、フライングディスクの3競技で金メダル15個を獲得した。

 同競技場ではオープニングイベントに続き、皇太子さまも参加されて午前10時に開会式を開始した。選手団約3300人、ボランティアら大会関係者約7800人、観覧者約7500人の計約1万8600人が参加。各選手団が北海道を先頭に北から順に入場行進し、北上市内の児童生徒による都...    
<記事全文を読む>