自転車ロードレースの「2016ジャパンカップロードレース」は22日、宇都宮市中心部の周回コースでクリテリウム(2.25キロ×15周=33.75キロ)を行い、別府史之が2連覇した。

 また、4、8、12周で設定されているスプリント賞は、4周で井上和郎(ブリヂストンアンカー)、8周と12周でジョセフ・ロスコフ(BMCレーシング)が獲得した。

...    
<記事全文を読む>