スピードスケートの全日本距離別選手権は21日、長野市エムウエーブで開幕し、山梨県勢は女子1500メートルで2連覇を狙った押切美沙紀(富士急)が1分56秒99の好タイムで2位。男子5000メートルは大林昌仁(山梨学院大)が5位に入った。

...    
<記事全文を読む>