【帯広】帯広市主催のばんえい競馬の元騎手らによる馬券購入事件で、帯広区検は21日、同競馬の馬券を購入したとして、競馬法(勝馬投票券の購入等の制限)違反の罪で、騎手と厩務(きゅうむ)員(いずれも当時)計10人を帯広簡裁に略式起訴した。

 処分を発表した釧路地検によると、ばんえい競馬の元騎手1人と元厩務員9人は昨年4~12月、スマートフォンなどを使い、インターネットサイトでばんえい競馬の馬券を購入したとしている。それぞれの購入額は1万円から393万8100円で、総額約800万円。他人名義で購入したものを含め、3人が100万円以上購入していた。利益を得た者もいたという。認否は明らかにしていな...    
<記事全文を読む>