二〇二〇年東京五輪・パラリンピックのボート、カヌー・スプリント競技会場について、戸田市の神保国男市長は二十一日、東京都の調査チームが同市の彩湖を選択肢から外したことを受け、上田清司知事に対し、彩湖への誘致実現に向けて「一層の尽力を」と求める要望書を提出した。

 神保市長は県庁で要望書を提出後、記者団に「調査チームの表明は残念だが、都の結論ではない」と強調。県は彩湖誘致に向け、県独自でコース設計や整備費の概算をまとめて月内に都に提出することを決めており、神保市長は「小池百合子・都知事には、県の検討結果も踏まえて判断してほしい」と期待した。

 調査チームは彩湖を外した理由について、荒川に近い彩...    
<記事全文を読む>