大阪府でこのほど開かれた女子相撲最高峰の大会「全日本女子相撲選手権」(日本相撲連盟など主催)の団体戦で、静岡県チームが3年ぶりに優勝した。

 大会には個人、団体戦に全国から212人が出場。トーナメントの団体戦に本県は、渡辺七海(飛龍高)、山中未久(立命館大職員)、松浦麻乃(県武道館)の3選手1チームで挑んだ。強豪の大阪、富山を次々と撃破すると、決勝では青森県チームを2対1で下して頂点に輝いた。

 同時開催された「全日本中学生女子相撲大会」では、個人戦の中学生超軽量級に出場した福里愛美さん(焼津大村中1年)が連覇を果たした。

 福里さん以外の本県関連の個人戦上位入賞者は次の通り。

 小学4年生以...    
<記事全文を読む>