二〇二〇年東京五輪・パラリンピックのボートとカヌー(スプリント)の競技場見直し問題で、代替候補地に「長良川国際レガッタコース」(海津市)が挙がっている。古田肇知事は十九日の定例会見で「県からどうこうするというより、よくフォローし(見守っ)ていこうという立場」と述べた。都から打診もなく、選ばれる可能性が低いためで、招致活動などはしない方針だ。

 この問題は、東京都知事が本部長を務める都政改革本部調査チームが九月二十九日の中間報告で、五百億円超と高額な費用が見込まれる「海の森水上競技場」(東京湾中央防波堤)からの変更を提案したのがきっかけ。

 都の調査チームは代替候補として、宮城県登米市の「長...    
<記事全文を読む>