10月上旬に岩手県で開かれた国体のサッカー成人男子に単独チームで出場したアスルクラロ沼津の選手らが19日、沼津市役所を訪問し、同競技の県代表として15年ぶりの優勝を報告した。

 吉田謙監督、尾崎瑛一郎主将、青木翔大選手が栗原裕康市長に試合の経過やJ3参入を懸けた残りのリーグ戦への意気込みを語った。

 吉田監督は「県代表としての誇りを胸に戦った。連戦の中で日に日にチームがまとまった。偶然ではなく必然の優勝だった」と振り返った。決勝戦で決勝ゴールを決めた尾崎主将はリーグ戦の残り4試合について「一戦も負けられない。県東部の皆さんの思いを力に変え、J3参入を目指す」と力を込めた。

 アスルクラロ沼津...    
<記事全文を読む>