マレーシアのペナン市で二十~二十五日に開かれる重量挙げの世界ユース選手権の日本代表に、珠洲市緑丘中学校三年の中島一馨(もとか)選手(14)が選出された。所属する珠洲市のウエートリフティングクラブ「珠洲ドリームクラブ」によると、県内の中学生の世界ユース出場は初めて。大会には、世界の十三~十七歳の強豪がそろうが、中島さんは「不安もあるけど、自己記録を一キロでも上回りたい」と初の国際大会に闘志を燃やしている。(近江士郎)珠洲の中島さん 大会には日本から、女子に中島選手を含む中学生二人、男子に高校生三人が出場。中島選手が出場する女子69キロ級は二十四日に行われる。珠洲ドリームクラブで指導する元...    
<記事全文を読む>