県と平塚市は18日、2020年東京五輪に出場するリトアニア代表の事前キャンプ地に同市が決定したと発表した。県と同市は28日、同国オリンピック委員会と基本協定を締結する。県内で事前キャンプが決まったのはエリトリア(箱根町など)、英国(横浜、川崎両市)に続いて3カ国目。

 県によると、平塚市を訪れる代表チームの選手、スタッフは計100人程度を想定しており、市総合公園内の競技場や体育館などを利用する。具体的な計画は協定締結後、3者で協議する。

 県は昨年から、同国で盛んな近代五種競技や水泳、バスケットボールの施設がある同市とともに誘致活動を展開。4月に同市を訪問した同国五輪委関係者は、競技施設を...    
<記事全文を読む>