第2回全日本中学生ライフル射撃競技選手権大会が15、16の両日、新潟県胎内市の新潟県立胎内ライフル射撃場であり、男子のビームライフル立射60発で城南3年の芳司健太が616・9点で優勝した。

 芳司は序盤から高得点をキープ。終盤まで大きく崩れることなく、2位の大塩(東京・稲付)に8・9点の差をつけた。=全日本中学選手権=

...    
<記事全文を読む>