2020年の東京五輪に向け、上越市がドイツ体操チームの事前合宿地に選ばれた。16日の基本合意を受け「体操のまち」を掲げる同市大潟区では、競技レベル向上の弾みになると歓迎する。本番まで4年。受け入れ態勢の整備とともに、国際交流や地域活性化にどうつなげていけるのか、地元では期待が高まる。

...    
<記事全文を読む>