室蘭ソフトテニス連盟(塩越広会長)が今年で創立70周年を迎えた。今月30日には記念式典・祝賀会が室蘭市宮の森町の蓬らい殿で行われ、関係者が節目を盛大に祝う。

 同連盟は1946年(昭和21年)5月20日、室蘭軟式庭球連盟として発足。34年(昭和9年)に14団体で発足した北海道庭球連盟に室蘭日鋼職員クラブが加盟するなど、組織の歴史は古い。また、17年(大正6年)に日鋼職員を主体に企業、官公署、教職員などの有志によって白鳥倶楽部が結成され、室蘭連合庭球大会が開かれるなど伝統が脈々と受け継がれてきた。92年(平成4年)、日本連盟の名称変更により、室蘭ソフトテニス連盟に改称されている。

 現在は一...    
<記事全文を読む>