第四十九回日本女子ソフトボールリーグ二部の順位決定節で、ドリームシトリン(一宮市)が準優勝し、一部リーグ昇格に王手をかけた。十一月下旬の入れ替え戦で昇格を目指す。廃部の危機で、昨シーズン後に急きょ静岡県磐田市から一宮市に拠点を移転。限られた練習環境の中、地道に努力を重ね、夢の挑戦権を得た。

 十日に北九州市のひびきコスモス運動場でであった順位決定節の準決勝。相手の大垣ミナモソフトボールクラブ(岐阜県大垣市)に2点を先制されたが、すぐに追いつき逆転。四回に藤田恵選手(22)、五回には主将の青野可奈選手(28)が本塁打を放ち、5-3で勝利した。

 決勝では日本精工(滋賀県湖南市)に敗れたが、二...    
<記事全文を読む>