元米大リーガーの松井秀喜さん(42)=ヤンキースGM特別補佐=が十七日、建機メーカー大手コマツの粟津工場(石川県小松市符津町)を訪れて、新組立工場の見学や模擬体験などを通して社員との交流を楽しんだ。

 松井さんは、三百人の社員に迎えられ、中型ホイールローダーに乗って登場。二〇一四年に完成した新組立工場のラインでは、ホイールローダーに直径百四十センチ、重さ二十トンの巨大なタイヤを取り付ける体験をした。

 作業体験中には、現役時代の背番号55を付けたユニホーム姿の社員が歓迎する場面もあり、松井さんは優しい笑顔を見せていた。鋼鉄製のグラブとボールも初公開され、松井さんが白いペンでサインを書き込む...    
<記事全文を読む>