韓国・平昌(ピョンチャン)五輪出場を目指すアイスホッケー女子日本代表候補の強化合宿が17日、苫小牧市白鳥王子アイスアリーナで始まった。

 今季4回目の合宿には、代表候補の24人が参加。27日までの間、苫小牧東高男子チームなどと練習試合を行い、2大会連続の五輪出場を目指す。練習は見学自由。

 苫小牧出身の堀珠花(みか)選手(トヨタシグナス)は、「外国人選手に負けないように、体を張ったディフェンス力に磨きをかけたい」と話した。(伊勢裕太)

...    
<記事全文を読む>