卓球の全日本選手権団体の部最終日は16日、愛媛県の宇和島市総合体育館で男女の決勝などがあった。女子の中国電力は、準決勝で十六銀行を3―1で破ると、決勝は日立化成に3―2で逆転勝ちし、4年ぶり2度目の優勝を飾った。

...    
<記事全文を読む>