ホッケー女子日本代表「さくらジャパン」の一員として、八月のリオデジャネイロ五輪に出場した宇都宮市在住の柴田あかね選手(28)=グラクソ・スミスクライン所属=に、宇都宮市長特別賞が贈られた。

 柴田選手は前回のロンドン五輪に続く出場で、今大会は副主将として活躍。一次リーグ五試合全てに出場し、チームを引っ張った。結果は4敗1分けで10位。市長特別賞はロンドン五輪後に続き二度目の受賞となった。

 市役所で贈呈式があり、佐藤栄一市長が表彰状を手渡した。柴田選手は「メダルを目指して努力してきたが届かなかった。残念で悔しいし、世界の壁を見せつけられた」と大会を振り返り、「今後は代表の経験を自分のチーム...    
<記事全文を読む>