同大相撲部の創部110周年記念祝賀会が15日、京都市内のホテルで行われた。部員やOB、相撲関係者ら160人が節目を祝った。1906年の創部。19年に始まった全国学生相撲選手権大会では、部員の少ない時期も体育会の他クラブから選手を募り、全国で唯一、第1回大会から連続出場を続けている。これまでに団体で3度優勝し、5人の学生横綱を輩出した。

 祝賀会にはOBで大相撲の立川親方(元関脇土佐ノ海)や甲山親方(元大碇)も出席。北村光雄総監督は部の歴史を振り返り、「(連続出場は)110年の歴史の中で特に誇らしい。オール同志社での大きな成績」と感謝のことばを述べた。日本相撲連盟から北村総監督へ感謝状が贈...    
<記事全文を読む>