アジアリーグアイスホッケーの東北フリーブレイズは15日、韓国・安養で首位のハルラと対戦し、1―2で競り負けた。2位は変わらず。

 第1ピリオド18分に数的有利のパワープレーで田中豪主将が先制ゴール。しかし第2ピリオドに追いつかれ、第3ピリオド12分に数的不利のキルプレーで逆転ゴールを奪われた。

 ブレイズの若林クリス監督はチームを通じ「60分間を通して、良い内容だった。好機にしっかりと決めることが大きなポイントになる。修正して次戦に備えたい」とコメントした。

 ブレイズは16日も同会場でハルラと戦う。

...    
<記事全文を読む>