試合終了の瞬間まで泥臭く走り回り、待望の今季初勝利をつかんだ。トヨタ紡織九州レッドトルネードが攻守に気迫を見せて北陸電力を撃破。石黒将之監督は「『内容よりも結果』と臨んだ一戦。勝てたことがすべて」と、ほっとした表情を見せた。

 北陸電力には昨季2戦2勝。その分、「絶対に負けられない」というプレッシャーがチームにのし掛かったが、堅守と走力で見事にはねのけた。

 立ち上がりからPV酒井翔一朗が体ごと相手にぶつかる激しい守備を見せると、GK岩下祐太も好セーブを連発。攻めては、選手同士がポジションを自在に入れ替えながらパス交換し、全員が走ってつくった相手守備のほころびをベテランのLW藤本拓、RW鈴...    
<記事全文を読む>