ラグビーのトップリーグ(TL)第7節第1日は15日、ヤマハスタジアムなどで5試合を行い、ヤマハ発動機は47―25でホンダを下し、開幕からの連勝を7に伸ばした。サントリーも7連勝したが、ヤマハ発は勝ち点34で首位をキープした。

 ヤマハ発は前半、伊東力の2トライなどで26―6とリード。後半はホンダに3トライを返されたが、伊東、日野剛志のトライなどで突き放した。

 ヤマハ発動機(34) 47(26―6 21―19)25 ホンダ(2) ■伊東、3トライで完全復活 40メートル独走、流れ変える  FW戦で優位に立てなかったヤマハ発だが、バックスの走力でホンダをねじ伏せた。

 9日のクボタ戦から先発5...    
<記事全文を読む>