2020年東京五輪・パラリンピックのボート、カヌー・スプリント会場を県長沼ボート場(登米市)に変更する案を巡り、15日に東京都の小池百合子知事が現地を視察する。県内の関係者は14日、それぞれの立場で変更案歓迎の気持ちをアピールし、五輪の実現に期待を寄せた。

 県議会の全7会派の議員で構成する推進議員連盟は村井嘉浩知事に開催実現を求める要望書を提出した。

 議連では小池知事にも要望書を手渡す予定。会長の畠山和純氏(自民党・県民会議)は「被災地にとって希望が持てるニュースだ。宮城開催の実現に向けて努力してほしい」と訴えた。村井知事は「県民挙げた歓迎の姿勢をアピールしたい」と応じた。

 栗原市の佐...    
<記事全文を読む>