リオデジャネイロ・パラリンピックでメダル獲得や上位入賞を果たした静岡県ゆかりの9選手に14日、知事特別表彰が贈られ、県庁で表彰式が開かれた。ボッチャ団体(脳性まひ)で銀メダルを獲得した杉村英孝選手(34)ら6選手が出席し、川勝平太知事から表彰を受けた。

 杉村選手のほか陸上男子マラソン(視覚障害)銅の岡村正広(46)、同400メートルリレー(切断など)銅の佐藤圭太(25)、同400メートルと1500メートル(車いすT52)の2種目銀の佐藤友祈(27)、同走り幅跳び(切断などT42)銀と400メートルリレー(切断など)銅の山本篤(34)、柔道女子63キロ級7位の米田真由美(34)の各選手が...    
<記事全文を読む>