ボクシングの元WBC世界スーパーバンタム級王者・畑中清詞氏の長男で、中京高ボクシング部3年の畑中建人が12日、同高で記者会見を行い、プロ転向を発表した。畑中は清詞氏が会長を務め、同校のOBでミニマム級に続きライトフライ級で2階級制覇を狙う田中恒成も所属する畑中ジムに所属し、父とともに親子2代での世界王者を目指す。

 右のボクサーファイターの畑中は左右のコンビネーションを武器に、1年生時の長崎国体少年男子フライ級で3位入賞、今春の全国選抜5位など公式戦は高校通算42戦32勝10敗5KOの実績を誇る。父の現役時代の練習の映像を見て「父が必死に取り組む普段とは違う姿を見て魅力を感じた」と中学2...    
<記事全文を読む>