第16回全国障害者スポーツ大会「2016希望郷いわて大会」に出場する本県選手団63人の結団式が12日、宇都宮市若草1丁目のとちぎ福祉プラザで行われた。大会は岩手県で22日から3日間の日程で開かれる。

 6競技20種目に14~74歳の男女32人(身体障害者15人、知的障害者17人)が出場する。福田富一(ふくだとみかず)知事は手話を交えて「いつまでも心に残る大会となるよう全力を尽くし、全国から参加する多くの選手と友情の輪を広げてきてください」と激励した。

 水泳25メートル自由形、50メートル自由形に出場する宇都宮市東町、会社員落合有佳利(おちあいゆかり)主将(35)は「家族や地域の皆さんに感...    
<記事全文を読む>