前世界ボクシング協会(WBA)スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志(36)=ワタナベ=が12日、東京都内の所属ジムで記者会見し、「まだまだボクシングをやりたい気持ちが強い。もう一回チャンピオンになりたい」と現役続行を表明した。

 4月、ジェスレル・コラレス(パナマ)に2回KO負け。プロ初黒星を喫し、12度目の防衛に失敗した。6月からジムワークを再開したが、進退については保留していた。夏ごろから本格的にスパーリングを行い、「まだやれるという思いが強くなった」と再びリングに上がる意思を固めた。1週間ほど前に所属の渡辺均会長に伝えたという。

 陣営は復帰戦として年末にコラレスとの再戦で調整中...    
<記事全文を読む>