ソフトボール女子の日本リーグ2部第5節(順位決定節)は10日、北九州市のひびきコスモス運動場で、7試合を行った。大垣ミナモSCは、1部自動昇格が決まる優勝決定戦進出を懸けた敗者復活戦で、Dream Citrine(愛知)に3-5で敗れ、悲願の1部昇格は今年も果たせなかった。

 大垣ミナモは、初回2死一、三塁で永沢杏奈が2点二塁打を放ち先制。しかし、直後の二回に先発裁ひかるが3連打を浴びて1点を失うと、2死満塁で代わった邱安汝(ちょう・あんじゅ)が押し出し死球を与え、追い付かれた。さらに三回に適時三塁打で勝ち越されると、小刻みに失点。3点ビハインドで迎えた五回に大杉千尋の右前適時打で追い上...    
<記事全文を読む>