アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは10日、日光霧降アイスアリーナで3位のサハリン(ロシア)と対戦、1-3で惜敗した。8日からの同カード3連戦に負け越し、通算成績は5勝4敗の勝ち点13。順位は7位で変わらない。

 バックスは立ち上がりに押し込まれたが、競り勝った前日と同じく守備で奮闘。失点を防ぎ、第1ピリオド14分4秒にFWマーク・ディレイゴの2試合連続得点で先制した。

 しかし第2ピリオドに追い付かれ、第3ピリオド13分9秒には5分間のキルプレーで勝ち越し点を献上。攻撃陣は果敢にゴールに迫ったものの決定力を欠き、同点を狙った試合終了間際に追加点を奪われた。

 バックスの...    
<記事全文を読む>