第七十一回国民体育大会「希望卿いわて国体」最終日は十一日、岩手県内で陸上競技があり、閉幕した。県勢は成年少年男子共通400メートルリレーで県選抜が四位、成年男子800メートルで田中智則(AGF)が七位入賞した。各種目の順位を点数化した競技得点と参加得点の合計で争われる県の天皇杯(男女総合成績)順位は二十七位(昨年同)で二年連続の二十位台を維持した。皇后杯(女子総合成績)順位は三十九位(昨年二十三位)だった。

 天皇杯、皇后杯一位はいずれも東京都で、東日本大震災の影響で目標順位を八位以内にしていた地元岩手県は天皇杯、皇后杯とも二位だった。開催都道府県が優勝しないのは平成十四年の第五十七回大...    
<記事全文を読む>