第10日は10日、奥州市水沢体育館などで行われ、ボクシングの成年男子ミドル級で梅村錬(岩手・拓大)が決勝で敗れ準優勝だった。少年男子ライトフライ級の坂本達也(青森・青森山田高)も2位。◎手数及ばず力の差痛感 新たなステージで力の差を痛感した。ボクシング成年男子ミドル級に初めて挑んだ梅村は、決勝でリオデジャネイロ五輪代表候補だった高橋(愛媛・愛媛県競技力向上対策本部)に0-3の大差で判定負け。今春から名門の拓大で腕を磨く19歳は「まだ自分は弱い」と認めざるを得なかった。

 拓大の先輩に当たる25歳の高橋には、昨年11月の全日本選手権準決勝でTKO負けを喫した。会場の大きな「レン」コールを力...    
<記事全文を読む>