第10、11日は10、11の両日、北上市の北上総合運動公園陸上競技場などで行われた。宮城県勢は陸上成年少年女子共通400メートルリレーで15年ぶりに決勝に進出し、46秒18で7位に入賞した。少年男子B走り幅跳びでは小山哲哉(柴田高)が6メートル96で7位に入った。◎中高生快走好タイム 都道府県の総合力が問われる成年少年女子共通400メートルリレーで、宮城が7位に入賞した。2001年みやぎ国体以来、15年ぶりの決勝進出。チームリーダーの伴野(七十七銀行)は「今年こそ決勝を狙えると思っていた」と笑った。

 中・高校生に100メートル11秒9台から12秒0台の好選手がそろう、今季の強さを見せた...    
<記事全文を読む>