第71回国民体育大会「2016希望郷いわて国体」のカヌースプリント200メートルは10日、盛岡市の御所湖広域公園漕艇場で各種目の決勝が行われ、県勢は優勝5の大活躍を見せた。先に行われた500メートルと合わせて頂点は計8。本県は14年ぶりにカヌー男女総合優勝を果たした。

 この日は少年男子でカヤックシングルの縄空(谷地高)、同ペアの菊池憲斗・木村大翔(同)、カナディアンシングルの志田駿太郎(寒河江高)が栄冠をつかみ、それぞれ500メートルとの2冠を達成した。少年女子ではカヤックペアの増川かな・増川知保(寒河江高)、同フォアの谷地高(吉見優華、大川七南、吉田衣玖、佐藤友香)が頂点に立った。 ...    
<記事全文を読む>