成年女子走り高跳びでは、39歳のママさんジャンパー福本(甲南学園AC)が4年ぶりの頂点に返り咲いた。

 「記録よりも勝つことだけを考えた」と福本。低い気温と参加人数の多さを踏まえ、体が冷えないように普段より低いバーの設定から着実に跳び続けることで、コンディションをうまく調整した。ベテランらしい冷静な試合運びを見せ、「長くやっている経験を生かして戦うしかないですから」と笑った。

...    
<記事全文を読む>