カヌー・スラローム成年女子カヤックシングル15ゲートで、国体出場14度の33歳、遠藤絵里子(鳥取・鳥取県協会)が、自己の持つ鳥取県勢最高の3位を塗り替える準優勝。前日の25ゲートと並ぶ好成績で締めくくった。

 朝まで降った雨が上がり、1本目から勝負。25ゲートと比べてゲートの間隔が長くなる分、スピードが出るものの、絶妙なバランス感覚と巧みなパドルワークで、ペナルティーなしで次々とゲートを通過し、暫定2位の86・67点。強風に見舞われた午後の2本目で伸ばすことはできなかったが、そのままの順位で確定した。

 今年結婚し、鳥取県から山梨県に移り住んで練習場所探しから始め、昨年の25ゲート4位、1...    
<記事全文を読む>