第71回国民体育大会「希望郷いわて国体」第10日の10日、各地で競技が行われ、徳島の男女総合(天皇杯)の順位は3年連続で46位となった。女子総合(皇后杯)も46位で昨年より順位を五つ下げた。同日の競技を終えて、徳島の天皇杯の得点は540・5点。45位の島根とは91・5点差で、最下位の高知には85点差をつけた。徳島、高知両県とも最終日の11日は出場競技がないため、順位が確定した。徳島県勢は10日は6競技に出場し、レスリングの成年男子グレコローマンスタイル130キロ級で曽我部健(日亜化学)が3位入賞した。ボウリングの成年女子団体(4人)は6位に入った。11日に北上市の北上総合運動公園北上陸...    
<記事全文を読む>