秋田県由利本荘市は「体育の日」の10日、スポーツ立市を宣言した。市文化交流館カダーレで開かれた式典には市や県、体育関係者ら約700人が出席。スポーツに取り組む老若男女が「スポーツを通して健康で笑顔あふれる地域づくりを目指す」と力強く宣言した。

 市は9月に「スポーツ振興まちづくり条例」を制定。石脇地区に2018年10月にオープン予定の総合防災公園アリーナを拠点に、市民が積極的にスポーツを「する」「観る」「支える」ための施策を進めるとしている。

 式典で長谷部誠市長は「宣言を契機にすべての世代がスポーツに親しみ、楽しめる環境を構築する。市民と一体となってスポーツ振興を進めていきたい」とあいさ...    
<記事全文を読む>