第71回国民体育大会「希望郷いわて国体」本大会第9日は9日、県内各地で18正式競技が行われ、冬季大会を合わせた男女総合成績(天皇杯)は東京が2219・5点に得点を伸ばし、3年ぶりに天皇杯を獲得することが決まった。本県は1614・5点の3位。残る種目を全て優勝すれば約2100点まで得点を伸ばせる。目標の8位内を確実にし、2位浮上を目指してラストスパートを掛ける。

 1614・5点は前回の1099点を上回り、過去最多。1550点以上の目標得点は達成した。8位内の目標を上回り、1970年1巡目岩手国体の1位に次ぐ過去2番目の順位となる見通しとなった。70年は現行の得点方式と大きく異なり152点...    
<記事全文を読む>