第71回国民体育大会「希望郷いわて国体」第9日は9日、岩手県内で行われ、徳島県勢は9競技に出場した。レスリングの成年男子グレコローマンスタイル130キロ級で曽我部健(日亜化学)が準決勝に進み、3位以上が確定し、少年男子96キロ級の藤田祐輝(池田高)は5位入賞した。陸上の少年女子三段跳びの道中杏花(徳島市立高)は7位に入った。ボウリングの成年女子団体(4人)は予選を1位で通過した。第10日の10日は県勢が6競技に出場する。9日までの競技を終え、東京の3年ぶりの男女総合優勝(天皇杯獲得)が確定した。徳島の得点は526点で46位。45位の島根とは64点差で、最下位の高知には76点差をつけてい...    
<記事全文を読む>