ラグビーのトップリーグ(TL)第6節最終日は9日、奈良・天理親里ラグビー場などで3試合を行い、首位のヤマハ発動機は今季最多の53点を奪いクボタに快勝した。守備でも相手を完封し、開幕6連勝。勝ち点を29に積み上げた。

 ヤマハ発は前半9分、伊東力のトライで先制。19―0で折り返し、後半も日本代表候補の日野剛志や新人SO清原祥のトライなどで得点を重ねた。

 東芝はホンダを31―12で下して4勝2敗。NTTコミュニケーションズもコカ・コーラに17―14で競り勝ち、4勝2敗とした。

 ヤマハ発動機(29) 53(19―0 34―0)0 クボタ(9) ■53―0 クボタ圧倒 勢い持続、攻守集中 ヤマハ...    
<記事全文を読む>