【岩手国体取材班】第71回国民体育大会「2016希望郷いわて国体」第9日は9日、岩手県内各地で行われ、県勢は11競技に出場した。空手では成年男子形の決勝で、喜友名諒が、開催県の岩手選手に2―3で敗れ、準優勝だった。ハンドボール少年男子は準決勝で29―25で長崎を制し、決勝に進出した。ボクシングの成年男子ウエルター級に出場した金城大明は判定勝ちで北海道代表を破り、決勝に駒を進めた。陸上競技では少年男子共通走り高跳び決勝で奥濱練真が2メートルで4位に入賞した。レスリングはグレコローマンスタイルの成年男子75キロ級の屋比久翔平と同85キロ級の與那覇竜太が準決勝に進出。同少年男子では、60キロ...    
<記事全文を読む>