リオ五輪のセーリング女子470級で五位入賞を果たした横須賀市在住の吉田愛選手(35)=ベネッセ=に市スポーツ特別賞が吉田雄人市長から贈られた。吉田選手は「次こそはメダルを取りたい」と二〇二〇年の東京五輪に意欲を見せた。

 470級は艇体の全長が四・七メートルの二人乗りヨットの競技。帆を操る吉岡美帆選手(26)=同=とのペアでかじ取りを担当している。

 銅メダルだったフランス組とはわずか四点差で「自分の力を出せた」と振り返りつつも、「メダルを取る取らないでは違う」と悔しさもにじませた。

 ともに十四位に終わった北京、ロンドンに続く三回目の出場。今回、吉岡選手と初めて組んだ。「やっと二人でまとま...    
<記事全文を読む>