障害がある人のスポーツ参加を支援する「障がい者スポーツ指導員」は7月末時点で全国に2万2214人いて、10年以上ほとんど増えていないことが9日までに、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会のまとめで分かった。静岡県は708人が登録している。

 協会は2020年の東京パラリンピックに向け、障害者スポーツの裾野を広げるため指導員を3万人に増やしたい考えだ。制度の認知度を高め、研修を増やすなどの環境づくりが急務となる。

 指導員は同協会がつくった資格制度。初級から上級まで3段階あり、初級は障害の特性などについて必要な講習を受ければ取得できる。福祉施設や学校、スポーツクラブといった場所で、障害の特性...    
<記事全文を読む>