アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは9日、日光霧降アイスアリーナで3位のサハリン(ロシア)と対戦、延長戦の末に4-3で競り勝った。勝ち点2を上積みし、通算成績は5勝3敗の勝ち点13。順位は8位から7位に上がった。

 バックスは、第1ピリオドに4失点した前日から守備を修正。第1ピリオド2分32秒にFWユン・ジマンが先制、第2ピリオド3分49秒にはFWマーク・ディレイゴが勝ち越し点と先手を取って試合を進めた。

 2-2の第3ピリオド3分47秒には、DF(佐藤大翔(さとうひろと)の今季初得点で再び勝ち越し。2分後に追い付かれて延長戦に入ったが、開始56秒でディレイゴのパスに合...    
<記事全文を読む>