NTTジャパンランキング最終戦を兼ねた第22回日本トライアスロン選手権(日本トライアスロン連合、東京新聞・東京中日スポーツ主催、東京都共催)が9日、東京都港区台場の特設会場(51・5キロ=スイム1・5キロ、バイク40キロ、ラン10キロ)で行われ、男子はリオデジャネイロ五輪代表の田山寛豪(NTT東日本・NTT西日本・流通経大職)が1時間52分1秒で2年ぶり10度目の優勝を果たした。2連覇を目指した古谷純平(三井住友海上)は、田山との一騎打ちとなったランで振り切られて2位。3位は2012年ロンドン五輪代表の細田雄一(博慈会)が入った。

 女子はリオ五輪代表の上田藍(ペリエ・グリーンタワー・ブ...    
<記事全文を読む>