◎整氷 困難な人材確保 スピードスケートのワールドカップ(W杯)の会場になったことがある群馬県総合スポーツセンター伊香保リンク(渋川市伊香保町)で、来年度以降の運営を担う指定管理者が決まっていない。長年運営してきた渋川市が、整氷作業を任せる人材を確保できないとして、指定管理者の応募を見合わせたためだ。

 施設を維持するため、県は直営にすることも検討しているが、整氷作業の技術者は全国的に少なく人材確保に難航しそうだ。

...    
<記事全文を読む>