柔道少年女子の兵庫は、地元国体以来となる10年ぶりの4強入りを果たした。夙川高1、2年生の若い布陣。初戦の苦しい試合を阿部、吉峰の1年生コンビの勝利でものにし、勢いに乗った。松本監督は「おかげで2年生岡田も試合を重ねるごとに力を発揮してくれた」とたたえた。

...    
<記事全文を読む>